【プロジェクト部】

*プロジェクト部の最新情報はFcebookブログから発信中です


■スーパー又村塾@つぼみの会■
  今だから考えたい、子どもが家族と快適に過ごすためのアレコレ
          ~幸せなオトナを目指して 今、私たちにできること~

今年の夏もまた、又村あおいさんをお迎えして、みんなで考える権利擁護セミナーを開催します。
今回は子どもを取り巻く福祉サービスの現状を踏まえ、子どもにとって、家族にとって、本当のシアワセって何かを当事者・保護者・支援者で考えていきたいと思います。

この10年で障害のある子どもへの福祉サービスはとても充実してきました。特に放課後等デイサービスや外出に付き添う移動支援サービスなどの利用は右肩上がりで、多くの学齢期の子どもたちが利用しています。いまや、放課後や長期休暇には欠かせないサービスといえるでしょう。一方で、学校や福祉サービスを利用する時間に反比例して家庭で過ごす時間、家族で過ごす時間は減少傾向にあり、子どもとの関わり方に不安を感じる親御さんも少なくありません。そんな中、放課後等デイサービスについては、厚生労働省からガイドラインが示され、事業実施の基準や事業報酬が厳しくなると言われています。事業所の撤退やサービスの質の低下などが懸念される中、子どもたちが幸せな成人期を迎えるために、今、私たちにできることは何なのか? みんなで学び、考えましょう。

日 時: 平成29年7月8日(土) 13:30~16:30(受付開始13:15より)
会 場: なごや人権啓発センター ソレイユプラザなごや 研修室
       (名古屋市中区栄1丁目23番13号 伏見ライフプラザ12階)
        *地下鉄 伏見駅6番出口より南へ徒歩約10分
講 師: 又村あおいさん
      全国手をつなぐ育成会連合会 政策センター委員・「手をつなぐ」編集委員 
      (社)日本発達障害連盟JLニュース編集長
内 容: お話:「どうなる? どうする? これからの障がい児支援~放デイがなくなる!?」
      グループワーク「みんなで考えよう~どう使う?どう活かす?福祉サービス」
対 象: どなたでもご参加いただけます。
定 員: 50人(先着順) *申込期限=7月5日
参加費: 愛知県自閉症協会会員 500円  会員外 1,000円

【申込方法】お申込は、こくちーずからお願いします。
*こくちーずでのお申込みが難しい方のみ、電話かFAXでも受け付けます。つぼみの会事務所(TEL/FAX 052-323-0298)までお申し込み下さい。



1 父親部の発展的解消と「プロジェクト部」の新設

プロジェクト部部長: 鈴木淳(カイパパ)

父親部が、2003年に設立されてから、丸11年が過ぎました。自閉症を取り巻く環境、親の会を取り巻く環境も、当時とは大きく変化をしています。
当初、父親部は、「母親たちに比べて、出会う機会が少ない父親たちが集まれる機会と場を提供する」ことを目的に設立されました。活動の中から、父親の視点での「働く」をテーマにした講演会の企画や就学相談会などを実施してきました。
しかしながら、11年間活動してきて、父親部メンバーの固定化、「父親」と限定したことによる限界を感じずにはいられません。一方で、親の会に期待される役割は、より多様かつ高度なものになり、活動の必要性は高まっています。
そこで、父親部を発展的に解消し、「プロジェクト部」という新しい組織を、愛知県自閉症協会・つぼみの会の中に立ち上げることといたしました。


2 プロジェクト部はどんな組織?

プロジェクト部は、「父親も母親も、本人も、きょうだいも、そして支援者たちもメンバーとなって、
自閉症・発達障害の人たちのしあわせな暮らしを実現するために、様々な取組み(プロジェクト)を行っていく」組織です。
プロジェクト部では、たとえば、
 ・本人の権利を守る(権利擁護)の仕組みや現実の救済
 ・本人が地域で暮らし続けるための制度やサポートの整備
 ・学校教育が、本人の発達を助け、成長を導くものとなること
 ・仕事に就き、働き続けること
 ・親の経験の共有や親と支援者との交流 
などなどを実現するための様々な取り組み(プロジェクト)をしていきたいと考えています。


3 プロジェクト部の進め方 

志は壮大なのですが──どれもまだ構想段階です。いきなり大きなことはできません。
プロジェクトは、「班」のかたちで実行されます。目的とやりたいことのある人が、メンバーを募り、班をつくります。「単独のイベント開催」を目的とした班もあれば、継続的な活動を行う班もあるでしょう。班は、プロジェクトが完了したら解散します。
やりたいと思った人が手をあげて仲間を募り、プロジェクトをひとつずつ、一歩一歩、力を合わせて取り組んでいきたいと思っています。


4 プロジェクト部メンバーを募集します!

まずは、プロジェクト部をオープンな組織として立ち上げ、「親の会だからできる活動」の担い手になりたいメンバーを募ります。
愛知県自閉症協会の会員(賛助会員含む)であれば、親も、本人も、きょうだいも、そして支援者たちも、どなたでもプロジェクト部のメンバーになれます。


▲ページの一番上へ▲